シンガポール観光

マリーナベイサンズプールの入り方。インフィニティープールの夜景すごい!

シンガポールと言えばマリーナベイサンズ、マリーナベイサンズと言えば屋上のインフィニティープール。 そう。シンガポールに言ったなら必ず入りたいのがインフィニティ...

2016年2月3日

この記事をシェアする

スポンサードリンク

シンガポールと言えばマリーナベイサンズ、マリーナベイサンズと言えば屋上のインフィニティープール。
そう。シンガポールに言ったなら必ず入りたいのがインフィニティープールでございます。
今日はその入り方について。

こんな夜景を見れるプールなんて世界で他にあるのでしょうか?僕は感動しました!
DSC04663

マリーナベイサンズプールの入り方。マリーナベイサンズの宿泊客しか入れません。

基本的にはこれがルールです。
マリーナベイサンズに宿泊すると、インフィニティープールに入る為のカードキーが宿泊期間中使えます。
これを電車のICカードみたいにピピッとやって電車のゲートみたいなところをくぐります。
要するに、宿泊しないと入れません。

スポンサードリンク

安心して下さい。ツアーパックなら一人10万円以内で泊まれますから。

でも中華圏なんで裏技というか、お金さえあればいくらでもルートはありそうな気もしますが、僕はわからないです。
強いて言うならば宿泊者にカードを借りれば宿泊していなくてもプールに入る事は可能です。本人ID認証みたいなものはありません。他人の定期ICカードで電車のゲートをくぐるイメージです。

がしかし、これは犯罪です。海外で犯罪を行うリスク。高すぎますね。

DSC04680

マリーナベイサンズの最上階、インフィニティープールに浸かるとこんな感じ。
子供だと絶対に足は付かないので注意が必要です。
夜になると写真のようにレーザーによるショーが始まります。
何だか、シンガポールの中心に居るんだなっていう気にさせてくれます。

こんな奇抜な発想のホテル、世界でも他にそうは無いでしょう。満足満足。

DSC04657

スポンサードリンク

平日の夜なのにこんなに人が沢山!
さすが東南アジアって感じですが、セルフィースティックで写真を撮る人が本当に多い!
ASEANではコリアンカルチャー結構強いですからね。
日本では食べ物と音楽アーティスト以外ほとんど見なくなりましたが。

DSC04654

シンガポールに限らずですが、東南アジアは本当に欧米人の旅行客が多い。
インフィニティープールのフチでカップルが何だか愛を語って?おります。
最近、東京は外国人が増えて国際都市だ!何て言ってますが、特に夜に徘徊してみるとタイ、ベトナム、シンガポールの方がよほど国際都市だとわかります。
ベトナムなんか、夜の繁華街はほとんどが欧米人でした。

DSC04820

子連れに嬉しいのは、インフィニティープールには子供用の浅いプールがあるのです。
うちの子もおおはしゃぎ。フチはがけっぷちになっておらず、ガラスで囲われています。

『こんな楽しいプール初めて!』

なかなか良いリアクション。連れてきた甲斐があるというものです。

DSC04660

何か、結局記念写真を撮るためみたいな感じもありますが、思い出として一度入ってみるのも良いと思います。
シンガポールってそんなに広い訳ではないのでやる事と言っても限りがあります。
ならば、ホテルに旅費を割いても良いのかな。と個人的には思いました。

マリーナベイサンズのインフィニティープール。悪かった点

他の方も言ってる方が多いですが、本当に水が冷たい!
昼に入っても結構冷たい!びっくりしますよ。ほんとに冷たいんです。
あとはちょっと水が汚い。ちょっとじゃないか。
あれだけの面積なので仕方無いと言えば仕方無いですが、色々と何か浮いていた。
まぁ、海外で日本並みの清潔を求めたらいけませんが、何て言うんでしょ。甘酒を100倍に薄めたっていったら雰囲気伝わりますでしょうか?
何か水垢みたいなのがたくさん浮いてる。

スポンサードリンク


the f

この記事を書いたユーザー

the f

1981年生まれ育児真っ最中。旅行と外食が大好き、乗り物全般やスポーツも大好き。音楽もオールジャンル大好き。色んな事を書いてゆきます。 座右の銘:好きこそものの上手なれ



この記事をシェアする


口コミ

まだ口コミがありません

コメントを残す


関連記事

DSC04604

シンガポールのチリクラブ有名人気店パームビーチに行って来た

シンガポールって言ったらやっぱりチリクラブでしょっって事でチリクラブを食べに行って来ました。 情報ソースは旅行雑誌のララチッタ。東南アジ...

2015年11月12日 the f

もっと見る