映画感想文のネタバレ民

アニメ時をかける少女の解説、名言まとめ。原作に近い?

アニメ映画『時をかける少女』とは2006年に映画化された、筒井康隆原作のSF小説です。小説は1967年に刊行されましたが、50年近くたった今でも映像化・アニメ化...

2016年5月12日

この記事をシェアする

こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク

アニメ時をかける少女の解説、名言まとめ。原作に近い?

アニメ映画『時をかける少女』とは

2006年に映画化された、筒井康隆原作のSF小説です。小説は1967年に刊行されましたが、50年近くたった今でも映像化・アニメ化されるなど人気を誇っています。最初に映像化されたのは1983年、タイトルはそのまま「時をかける少女」とし、原田知世主演での大ヒット作となりました。

今回ご紹介するアニメ映画『時をかける少女』は上記実写映画から20年以上が経っており、舞台設定も2006年となっています。監督は「デジモンアドベンチャー」や「サマーウォーズ」などを手がけた、今大人気のアニメ監督・アニメーターである細田守。
また、本作主人公である紺野真琴は、原作主人公である芳山和子の姪という設定です。

『時をかける少女』あらすじ(ネタバレ含)

主人公の紺野真琴は倉野瀬高校の2年生。津田功介、間宮千昭という2人の同級生といつも3人でつるんで過ごしていました。功介は頭の出来が良いですが、真琴も千昭もどこかちゃらんぽらんで、遅刻したり、授業中に寝ていたりと本当にどこにでもいる高校生です。

季節は夏。放課後は3人でキャッチボールなどして過ごしていたある日、真琴は偶然に立ち寄った理科準備室で怪しい人影を見たような気がして、それを追いかけます。しかし、その影を追っていこうとした瞬間足を滑らせ、転んだ際に夢なのか何なのか、不思議な数字の動く空間に落ちてしまいます。目が覚めるとしっかりと理科準備室の天井が見え、室内にはもう誰もいませんでした。その後、真琴は功介と千昭にその奇妙な出来事について話しますが、2人とも相手にはしてくれません。
そうして、うなだれながらの下校途中、真琴の乗っている自転車のブレーキが故障し、普段通学に使っているもの凄い下り坂でスピードを押さえることが出来ずに、結句踏切にぶつかり線路に身体が投げ出されてしまいます。迫り来る電車……死を覚悟した真琴でしたが、ふと意識が戻ると、すごい速さで降りてきたはずの坂道で親子とぶつかっており、母親に激しく叱責されている真っ最中でした。少し時間が経つと、商店街の鐘が鳴り、真琴を確かに轢いたはずの電車が眼前の坂道の下を普段通りに通過していくのでした。

スポンサードリンク

「時間が、戻っている?」明らかに不審な体験をした真琴は、このことを叔母の芳山和子に大急ぎで話しに行きます。和子の話ではそれは「タイムリープ」と呼ばれ、その年頃の女の子にはよくあることだそうでした。なかなか腑に落ちない真琴でしたが、タイムリープの感覚を思い出し、自力でタイムリープすることに成功します。
真琴は上手くいった自らの能力を過信し、その後都合の悪いことが起きる度にタイムリープを使い続けることにしました。楽しいカラオケの時間の終わり、難しいテスト、調理実習での失敗など全てを自分の都合の良い方向へ良い方向へと変えていきました。

そんなある日、功介が後輩から告白されたことによって3人の間柄が急激に変わっていきます。功介と後輩の果穂、親友の友梨と千昭、そして真琴への千昭の気持ち。自分以外の全ての恋路を上手く取り持ってやろうと、ヤキモキしながらも真琴はタイムリープを多用します。ふと、真琴は自身の腕に数字のようなものが記されており、タイムリープする度にその数が減っていることに気が付きます。数字が無くなっていくことに焦る中、真琴に追い打ちをかけるかのように、千昭からは「タイムリープしてね?」と言われてしまいます。動揺した真琴はその瞬間にまたタイムリープしてしまい、最後の1回を使い切ってしまいました。
その時、ふと横を、真琴の自転車を借りた功介と、足を怪我してしまい後ろに乗せてもらっている果穂が通り過ぎます。真琴は自身がブレーキの故障で1度踏切から投げ出されていることを思い出し、全速力で彼らを追いかけますがもう後の祭り。明らかにスピードを押さえられない真琴の自転車から、功介の靴が飛んできます。「止まれ!止まれ!」いくら叫んでも届かない、もうダメだ、そう諦めて真琴が目を閉じた時、周りの時間が止まり目の前には千昭が自転車を押して立っていました。

驚く真琴に千昭は自分が未来の人間だと伝え、この時代に来た理由、真琴に能力が使えるようになったワケ、また先ほどの件で自分が未来に帰れなくなったことなどを打ち明けました。ただ、未来から持ち込んだ事象をこの時代の人間に教えることは法律に違反するとされているので、千昭は全てを話した後真琴の前から姿を消してしまいます。
真琴は突然のことに理解が追いつかず、悲しみだけが纏わり付く中、翌日千昭の自主退学や悪い噂が広がってることを耳にしてしまいます。堪えきれずに和子の元に相談へいくと、和子は自身の昔の経験を語り、真琴は自分とは違う、「待ち合わせに遅れている人がいたら走って迎えにいく」タイプで、自分自身で活路を開いていける力を持っているということを諭しました。真琴は腕を確認し、千昭が時間を戻したことで1回分残ったタイムリープの力を今度は千昭を助けるために使います。

そうして、未来へ戻る方法を取り戻した千昭。真琴とはお別れすることになってしまいますが、最後の最後で真琴も未来へと希望を持ち、涙は笑顔に変わります。ただ、功介だけが何も知らず不貞腐れた顔で真夏の入道雲広がる空を見上げるのでした。

『時をかける少女』声の出演と役柄の解説

主人公の紺野真琴を演じるのは女優仲里依紗。始めは「なんだか棒読みのような……」と思っていましたが、物語が進むにつれて少しぶっきらぼうな仲里依紗の声がやたらと役柄とマッチしているなと感じるようになりました。

そして、同じく重要なキャラクターである間宮千昭には石田卓也。千昭のちょっと不良がかったところを見事に捉え演技されていたなぁと思います。

また、津田功介には板倉光隆。俳優としても声優としても活躍しておられ、細田守監督の「サマーウォーズ」にも声優として参加しています。ダンディな低音ボイスがとてもはまっていました。

『時をかける少女』感想・評価

とにかくまずは情景が綺麗だなと思いながら見ていました。入道雲、蝉の声、青々とした草木など、日本の夏、そしてそれに合わさる高校時代という青さを見事に描ききった作品だなと感じます。

私は、本作と筒井康隆の原作と両方を通過したことによって、原作主人公である芳山和子が本作中の主人公である紺野真琴の叔母さんという設定がとても面白く、ワクワクしました。行き詰まる真琴へのアドバイスは、どこを切り取っても原作を読んでいたファンなら思わず「わっ!つながった!」と感動するシーンでしょう。
原作と異なるのは、作中で和子も言っていた通り未来人を「待ち続ける」か「走って迎えに行く」かだと思います。この作品の方がよりラストシーンに希望が持て、あの有名な千昭の台詞「未来で待ってる」を生み出し、それに対する真琴の「すぐ行く!走って行く!」が返されることになったのかなと思いました。

作中挿入歌、主題歌共に奥華子で、とりわけ挿入歌である「変わらないもの」は歌詞がそっくりそのまま映画のシーンになっており涙を誘いますが、この曲はこの映画の為の書き下ろしではないようで驚いた記憶があります。また、主題歌である「ガーネット」は宝石の名前ですが、宝石言葉が「友情・友愛」であり、これまたこの作品にぴったりなタイトルだなと感じました。
今でも夏になると放映され、毎年楽しみにしている作品です。

 


こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク


akiiiiiiiii

この記事を書いたユーザー

akiiiiiiiii

映画や音楽が好き。ただのサブカルチャーオタクです。 とりわけ暗めの作品が好き。 映画のレビューを書いていきたいと思っています。



この記事をシェアする


口コミ

まだ口コミがありません

コメントを残す


関連記事

かもめ食堂DVD

かもめ食堂のレシピやインテリア、衣装に注目、私の評価レビュー

『かもめ食堂』とはフィンランドの首都・ヘルシンキにある日本食の食堂「かもめ食堂」を舞台に、食堂を営むサチエ(小林聡美)、食堂に集うようになる...

2016年7月29日 glico71

kawanakucha

新しい靴を買わなくちゃのネタバレと感想~中山美穂の衣装に注目!

映画新しい靴を買わなくちゃの監督とキャストについて解説「新しい靴を買わなくちゃ」は中山美穂と向井理主演のパリで繰り広げられる大人な恋愛映画。...

2016年3月15日 mihiro8

映画誰も知らないは実話?あらすじやネタバレ、子役のその後に迫る

映画誰も知らないは実話?あらすじやネタバレ、子役のその後に迫る

映画『誰も知らない』とは2004年に公開された作品。主演を務めた柳楽優弥が当時日本人として初めて、カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を獲得し...

2016年4月17日 akiiiiiiiii

バクマン。DVD

映画バクマン。 のキャスト、あらすじ紹介、評価レビュー

『バクマン。』とは原作は2008年から2012年まで『週刊少年ジャンプ』で連載され、単行本累計発行部数1500万部突破した、超人気コミック(...

2016年8月2日 glico71

映画インデペンデンス・デイのあらすじと感想、ネタバレもあります。

映画インデペンデンス・デイのあらすじと感想、ネタバレもあります。

インデペンデンス・デイ~どんな映画?ストーリーの概要1996年に公開されたアメリカのSF映画で、タイトルはアメリカの独立記念日を意味します。...

2016年3月23日 okino

映画信長協奏曲のキャスト、あらすじ、ネタバレについて解説!

映画信長協奏曲のキャスト、あらすじ、ネタバレについて解説!

映画信長協奏曲のキャスト、どんな映画?誰もが知っている戦国時代のカリスマ織田信長は、現代を生きる高校生がタイムスリップした少年だった? 歴史...

2016年3月3日 mihiro8

麒麟の翼のキャスト紹介とあらすじ

麒麟の翼のキャスト紹介とあらすじ

「麒麟の翼」概要麒麟の翼は、テレビドラマ「新参者」の劇場版。原作は数々のミステリー小説を輩出している東野圭吾。新参者で加賀恭一郎を演じた阿部...

2016年5月3日 33noa

マジックマイクのキャストとあらすじ、僕の評価

マジックマイクのキャストとあらすじ、僕の評価

マジックマイクの概要・あらすじ(ネタバレあり)日本では2013年に公開されたマジックマイク。この作品は、俳優チャニング・テイタムが実際に青年...

2016年5月23日 高森 洸

スカイフォールの言葉の意味とは?ボンドガールとロケ地軍艦島を紹介

スカイフォールの言葉の意味とは?ボンドガールとロケ地軍艦島を紹介

『007/スカイフォール』の概要『007/スカイフォール』は、2012年に公開された『007』シリーズの23作目の作品です。ダニエル・クレイ...

2016年5月2日 高森 洸

apes

猿の惑星創世記のキャストやラストのネタバレ紹介!

猿の惑星:創世記のキャストウィル・ロッドマン/ジェームズ・ブランコ作家、映画監督としての活躍も目覚ましいジェームズ・ブランコが本作の主人公。...

2016年4月7日 ヴィスコ

もっと見る