映画感想文のネタバレ民

シャッターアイランドのキャストやあらすじ解説~ネタバレあり

シャッターアイランドのキャストテディ・ダニエルズ/レオナルド・ディカプリオ第88回アカデミー賞で見事主演男優賞を獲得した演技派イケメン俳優。もっと早く受賞できた...

2016年3月17日

この記事をシェアする

こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク

シャッターアイランドのキャストやあらすじ解説~ネタバレあり

シャッターアイランドのキャスト

テディ・ダニエルズ/レオナルド・ディカプリオ

第88回アカデミー賞で見事主演男優賞を獲得した演技派イケメン俳優。もっと早く受賞できたのでは?という迫真の演技を見せてくれます。

チャック・オール/マーク・ラファロ

アベンジャーズでハルクを演じたことが記憶に新しいマーク・ラファロ。名脇役として確実にキャリアを積み、アカデミー賞上演男優賞に二度ノミネートされています。

ジョン・コーリー/ベン・キングスレー

そのビジュアルからかファンタジー・SF映画で見かけることの多いキングスレー。映画ガンジーで各映画賞を総ナメした実績のある名優です。

監督は「タクシードライバー」「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ!レオナルド・ディカプリオとのタッグは本作4度目です。スコセッシ監督といえば綿密な人物描写に定評があり、本作でも遺憾なく発揮されています。

シャッターアイランドのあらすじ

1954年、連邦保安官テディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は新しい相棒チャック・オール(マーク・ラファロ)と共に、孤島・シャッターアイランドにあるアッシュクリフ精神病院を訪れます。この島でレイチェル・ソランドという1人の女性が、”The law of 4; who is 67?” という謎のメッセージを残して行方不明となり、その捜査を行うためです。強制収容されている精神異常犯罪者たちの取り調べを進めるうちに病院側の陰謀が露わになり、テディはレイチェルが見つかった後も病院の実態を捜査します。虚構と現実が入り混じり徐々に追い詰められるテディ。シャッターアイランドに隠された驚きの真実とは?

スポンサードリンク

シャッターアイランドの解説〜ネタバレあり

この映画の肝はなんといっても登場人物の表情です。目配せ、視線、会話。全てが真実に直結しています。テディが何かするたびに登場人物は警戒し、何かを隠すように行動するのです。それもそのはずで、テディは過去に自身の妻を殺害し心に深い傷を負ったアッシュクリフ精神病院の患者でした。

劇中、何度も幻覚に襲われ身に覚えのないフラッシュバックに苛まれるのは彼自身が精神疾患を抱えているからに他ありません。登場人物は治療の一環でテディの妄想に付き合っているだけで、全てが明るみになると「なんだ、そういうことか」と簡単に合点がいきます。

しかし、映画を見直してみると随所に伏線やテディが患者であることを示唆する描写がなされているのがわかります。例えばテディの相棒であるチャックですが、彼の言動は一貫性がありません。チャックは連邦保安官などではなく、本当はテディの主治医です。であればこそ、彼の病状をつぶさに観察しその都度的確な言動でテディを快復へと導くために性格や距離感が変わっていきました。この真実を知らないと視聴者はチャックに対しても不信感を抱き、グルになってテディを陥れるような印象を受けるのではないでしょうか。

テディは自分の妻を殺害した、という辛い体験を閉じ込めておくために記憶を作り変え、ありもしない陰謀を暴こうとしました。人間は心的ダメージを和らげるために記憶を作り変えて都合のいいように解釈する防衛本能を持っています。しかし誰もがそんな経験をするわけではなく、境遇を想像することすら及びません。

レオナルド・ディカプリオは卓越した演技力で見事にこの不安定な人物像を表現しました。もちろん彼だけの功績ではないでしょうが、この役をディカプリオ以外が演じるのは想像できません。アカデミー賞を獲得し、名実ともに一流俳優の仲間入りを果たした今こそ、こういった過去作を振り返ると感慨深いものがあります。


こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク


ヴィスコ

この記事を書いたユーザー

ヴィスコ

沖縄の修学旅行で地元民から「おかえり」と言われたほど那覇顔している山梨のフリーライターです。映画観て、アクアリウム見て、サバゲーの通販サイトを見ると1日が終わるので誰か時間を分けてください。



この記事をシェアする


口コミ

まだ口コミがありません

コメントを残す


関連記事

ゴーンガールは実話が元?あらすじやネタバレ、キャスト紹介

ゴーンガールは実話が元?あらすじやネタバレ、キャスト紹介

ゴーンガールのキャスト、スタッフニコラス “ニック”・ダン/ベン・アフレック軽薄そうなプレイボーイを演じさせたら右に出るものはいないベン・ア...

2016年4月8日 ヴィスコ

クリード チャンプを継ぐ男のネタバレと評価、続編は出る?

クリード チャンプを継ぐ男のネタバレと評価、続編は出る?

『ロッキー』シリーズの最新作・クリード現在レンタルDVDがツタヤなどの店頭に並んでいる『クリード チャンプを継ぐ男』。タイトルが異なっている...

2016年6月27日 高森 洸

nekozamurai

映画猫侍のキャストやあらすじ~レビューします!

猫侍のキャスト班目久太郎/北村一輝個性派俳優で知られる北村一輝さんが猫に悶える侍を演じます。常にしかめっ面なのに、目の動きだけで感情を表現す...

2016年3月17日 ヴィスコ

海街diaryのロケ地はどこ?あらすじとネタバレ、キャスト解説

海街diaryのロケ地はどこ?あらすじとネタバレ、キャスト解説

『海街diary』とは2006年よりコミック誌『月刊フラワーズ』(小学館)で不定期連載されている吉田秋生作『海街diary』は、「マンガ大賞...

2016年4月28日 glico71

ギャラクシー街道の評価、キャストやあらすじを紹介

ギャラクシー街道の評価、キャストやあらすじを紹介

ギャラクシー街道~どんな映画?ストーリー概要 国民的な脚本家で演出家、そして映画監督である三谷幸喜が放つ7作目の作品。 前作の『清須会議』は...

2016年5月25日 あきしげ

映画デッドプールのあらすじとキャスト、感想。ネタバレあり。

映画デッドプールのあらすじとキャスト、感想。ネタバレあり。

 デッドプールの概要日本では2016年の6月1日に公開予定となっている『デッドプール』。この記事では公開に先駆けて、既に公開されている海外で...

2016年5月17日 高森 洸

清洲会議

映画清洲会議のキャスト紹介と感想、清洲会議とは何なのか?

『清洲会議』とは2013年公開された三谷幸喜監督・脚本作『清洲会議』は、天正10(1582)年、織田信長死後、残された家臣たちの間で執り行わ...

2016年8月4日 glico71

damkeeper

ダムキーパーのあらすじ&ネタバレ~ストーリーと解説

ダムキーパーの解説や監督について「ダムキーパー」は2015年の短編アニメ部門でアカデミー賞にノミネートされてた作品でその他にも世界中の国際映...

2016年3月16日 mihiro8

ギャラクシークエストのあらすじとレビュー、トニーシャルーブが名演!

ギャラクシークエストのあらすじとレビュー、トニーシャルーブが名演!

ギャラクシー・クエスト~どんな映画?ストーリーの概要 1999年のアメリカ映画で、日本では2000年に公開されました。監督はテレビシリーズ『...

2016年5月18日 okino

pacificrim

パシフィックリムのあらすじとキャスト、ネタバレ感想

パシフィック・リム~どんな映画?ストーリーの概要ある日突然、太平洋の海底にある次元の裂け目より巨大生物“カイジュウ”が出現し、街を襲いはじめ...

2016年3月11日 みんなのクチコ民

もっと見る