映画感想文のネタバレ民

映画白ゆき姫殺人事件の感想とネタバレ~原作:湊かなえ

『白ゆき姫殺人事件』とはデビュー作『告白』が大ヒット、映画化もされ一躍大ベストセラー作家となり「イヤミス(後味が悪いミステリー)の女王」の異名を持つ湊かなえ著『...

2016年7月13日

この記事をシェアする

こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク

白ゆき姫殺人事件DVD

『白ゆき姫殺人事件』とは

デビュー作『告白』が大ヒット、映画化もされ一躍大ベストセラー作家となり「イヤミス(後味が悪いミステリー)の女王」の異名を持つ湊かなえ著『白ゆき姫殺人事件』は2012年7月、集英社より単行本刊行、2013年には湊かなえ作品初の電子書籍としても配信されました。2014年3月、井上真央主演で映画化されました。
メガホンを取ったのは『アヒルと鴨とコインロッカー』(2006)、『ゴールデンスランバー』(2010)の中村義博監督です。

全国305スクリーンで公開され公開初日2日間で興行収入1億6361万2000円、動員12万4755人、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位(実写映画1位)となりました。最終的な興行収入は10.0億円(日本映画製作者連盟より)で、松竹配給映画として久々のヒット作となりました。

気になるキャストについて

主演の井上真央主演は本作で、惜しくも最優秀は逃したものの、日本アカデミー賞優秀女優賞を受賞しました。また、共演の綾野剛は、第88回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞(『そこのみにて光輝く』と合わせて)、第10回おおさかシネマフェスティバルで主演男優賞(『そこのみにて光輝く』と合わせて)を受賞しました。

その他、菜々緒、蓮佛美沙子、染谷将太、金子ノブアキ、宮地真緒、貫地谷しほり、谷村美月ら若手実力派が脇を固め、さらにダンカン、秋野暢子、生瀬勝久ら個性派俳優が顔を揃えました。物語の要となる三谷典子役の菜々緒は、「美しすぎる死体」と話題になりました。死体が美しいと話題になったのはアメリカの人気ドラマ、後に映画化もされた『TWIN PEAKS』以来ではないでしょうか。

犯人は誰だ!?あらすじネタバレ

スポンサードリンク

長野県のある公園で女性の惨殺死体が発見されました。被害者は化粧品会社OLの三木典子(菜々緒)。ワイドショー番組の制作ディレクター赤星雄治(綾野剛)は、大学時代の知り合い・狩野里沙子(蓮佛美沙子)から、典子について情報提供を受けます。里沙子は職場で典子のパートナーで典子のことを良く知っています。その里沙子が典子と同期の城野美姫(井上真央)が犯人ではないかというのです。美姫と交際していた篠山(金子ノブアキ)が、いつの間にか典子に奪われてしまい、その恨みで美姫が典子を殺害したと…物的証拠がないまま、赤星は美姫が犯人だと断定するようなツイートをし、それが瞬く間に拡散されていきました。そして事件以来、美姫は行方不明になり、ますます容疑が深まります。

被害者・典子が務めていた化粧品会社の人気商品の名前から「白ゆき姫殺人事件」と名づけられ、赤星は次々と得た情報をTwitterで拡散しました。さらに赤星は美姫の故郷へ足を運び、彼女の生い立ちを調べます。同級生や近所の人から聞く美姫の話をどんどんTwitterで拡散。それにより、美姫の個人情報はダダモレ状態になり、まるで魔女狩りのごとく美姫を非難するツイートで盛りあがります。

その頃、身の危険を感じてビジネスホテルの一室に隠れていた美姫は、SNSで自分のことが炎上しているのを、ただ呆然と見守るしかありませんでした。
幼いころからイジメを受けていた美姫は、小学校の頃、谷村夕子(貫地谷しほり)と親しくなり、まるで「赤毛のアン」のように妄想ごっこを楽しんでいました。しかし、ある事件がきっかけで美姫とは疎遠になってしまいます。SNS上で炎上する美姫のことを庇うようなツイートをし、赤星を牽制しようとするのですが…。

美姫と典子の関係が悪化したのには、少なからず夕子が関係していました。社内で美人ともてはやされていた典子でしたが、美姫だけは典子より幼なじみの夕子のほうがキレイだと言ってしまったのです。プライドを傷つけられた典子は、その日から美姫いじめをはじめました。美姫が交際していた男を奪い、美姫のお気に入りのミュージシャンと個人的に親しくなったり。あの手この手で美姫から、全てを奪っていったのです。美しい外見とは対称的に、典子はかなり性格の悪い女だったのです。

生前、典子は美姫をさらに追い詰めるためイヤラシイ手を使いました。美姫が大好きなミュージシャンの東京のライブチケットを手に入れ、自分は具合が悪くて行かれないから代わりに行ってほしいと頼みます。美姫は喜んだのも束の間、典子は「具合が良くなったから自分がライブに行く」といい、美姫からチケットを取り上げました。落ち込む美姫に里沙子は「典子のバッグからチケット奪ってライブに行っちゃえ」と煽ります。ためらいながらも美姫はチケットを盗んで東京に行きました。

ライブ会場では思わぬ事故が発生。ファンが殺到しミュージシャンが突き飛ばされて重傷を負ってしまいます。その場にいた美姫がネットで犯人扱いされてしまいました。宿泊先のホテルでネットを見た美姫はショックを受けました。その翌日、典子殺害事件をニュースで知った美姫は愕然とします。

一方、典子に苦しめられていたのは美姫だけではありませんでした。パートナーとして一緒に働いていた里沙子のこともネチネチといじめていた典子。そのストレスから里沙子は社内で盗みを働くようになってしまったのです。運悪くそれが典子に見つかってしまい…里沙子は典子を殺害しました。そして、東京に行った美姫を犯人に仕立て上げたのです。赤星に連絡したのも、警察の目を撹乱させるため。赤星はまんまと里沙子の思惑通りに動いたのでした。

犯人が明るみになった後、ワイドショーでは美姫を犯人扱いし、Twitterで拡散した赤星が非難されるようになります。信用も、仕事も失った赤星は、本当の意味でSNSの恐ろしさを知ることとなりました。

感想

「イヤミスの女王」と呼ばれるだけあって、湊かなえの作品は後味がすっきりしません。原作同様、いやそれ以上に後味が悪かったのが映画『白ゆき姫殺人事件』でした。観客は美姫(井上真央)を見ているだけでイラっとします。典子(菜々緒)からいじめを受けていたと知っても、すんなり同情できないのです。こういう空気読めないヤツはいじめられる側にも問題がある…と思わせてしまうようなキャラでした。

誰もが聖人君子ではありません。外の顔、内の顔が違って当たり前です。しかし、本作に登場する典子、里沙子は裏表がありすぎです。こんなOLが同じ職場にいるのを想像しただけでもゾッとします。こんなOLたちと一緒に働くなんて…と最後まで思わせる映画でした。

評価

こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク


glico71

この記事を書いたユーザー

glico71

三度のメシより映画、落語、歌舞伎、文楽好きの完全インドア派です。



この記事をシェアする


口コミ

あれ?後味悪かったかな?
個人的にはあれだけ酷い状況になったのに、ずいぶん綺麗に終わったなぁという印象だった。
作者は「因果応報」という事だと理解したよ。

2

コメントを残す


関連記事

ズートピアの声優、主題歌を紹介。深いと言われるストーリーの感想

ズートピアの声優、主題歌を紹介。深いと言われるストーリーの感想

ズートピア~どんな映画?ストーリーの概要2016年のディズニー・スタジオ製作による3DCGアニメーション映画で、『塔の上のラプンツェル』のバ...

2016年6月5日 okino

映画デッドプールのあらすじとキャスト、感想。ネタバレあり。

映画デッドプールのあらすじとキャスト、感想。ネタバレあり。

 デッドプールの概要日本では2016年の6月1日に公開予定となっている『デッドプール』。この記事では公開に先駆けて、既に公開されている海外で...

2016年5月17日 高森 洸

図書館戦争THE LAST MISSION

図書館戦争 THE last MISSIONの感想文、ネタバレあり、続編はありそう?

『図書館戦争』とは『図書館戦争』とは、累計発行部数600万部突破する有川浩原作のSF小説で『図書館戦争』『図書館内乱』『図書館危機』『図書館...

2016年8月15日 glico71

ギャラクシー街道の評価、キャストやあらすじを紹介

ギャラクシー街道の評価、キャストやあらすじを紹介

ギャラクシー街道~どんな映画?ストーリー概要 国民的な脚本家で演出家、そして映画監督である三谷幸喜が放つ7作目の作品。 前作の『清須会議』は...

2016年5月25日 あきしげ

冷たい熱帯魚は神楽坂恵の演技が秀逸!ネタバレと感想

冷たい熱帯魚は神楽坂恵の演技が秀逸!ネタバレと感想

 冷たい熱帯魚~どんな映画?ストーリーの概要 1993年に起きた埼玉愛犬家連続殺人事件がベース。 園子温が監督と脚本を務め、実際の事件をベー...

2016年4月19日 あきしげ

damkeeper

ダムキーパーのあらすじ&ネタバレ~ストーリーと解説

ダムキーパーの解説や監督について「ダムキーパー」は2015年の短編アニメ部門でアカデミー賞にノミネートされてた作品でその他にも世界中の国際映...

2016年3月16日 mihiro8

kueki_DVDRJK_1121

映画苦役列車のあらすじと感想~前田敦子の演技はどう?ネタバレあり。

映画『苦役列車』とは映画『苦役列車』のもとになったのは、2011年1月に単行本が発売された西村賢太の中篇小説です。 その小説は144回芥川賞...

2016年4月25日 akiiiiiiiii

アニメ 時をかける少女での名言とは?あらすじと感想

アニメ 時をかける少女での名言とは?あらすじと感想

アニメ 時をかける少女の概要原作は筒井康隆の小説で、原作から約20年後の世界が舞台。実写化もされている人気作品を、数々のヒット作を生み出すア...

2016年5月6日 33noa

先輩と彼女のキャストとあらすじ、感想など

先輩と彼女のキャストとあらすじ、感想など

「先輩と彼女」ストーリーと概要別冊フレンドでもヒット作を生み出している、南波あつこが描くラブストーリー漫画が原作。漫画は2004年〜2005...

2016年4月26日 33noa

映画おくりびとのロケ地、キャストやあらすじの感想

映画おくりびとのロケ地、キャストやあらすじの感想

おくりびと~どんな映画?ストーリー概要 物語のベースとなるのは1996年に青木新門の著作『納棺夫日記』です。 主演を務めた本木雅弘が原作を読...

2016年4月28日 あきしげ

もっと見る