映画感想文のネタバレ民

映画ノーカントリーの解説と感想~ネタバレもあります。

ノーカントリーってどんな映画?キャストや監督ノーカントリーは2007年に制作されたスリラー映画で、原作はコーマック・マッカーシーの小説『血と暴力の国』。原作のタ...

2016年3月1日

この記事をシェアする

こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク

nocountry

ノーカントリーってどんな映画?キャストや監督

ノーカントリーは2007年に制作されたスリラー映画で、原作はコーマック・マッカーシーの小説『血と暴力の国』。原作のタイトルからして「女子供が見るもんじゃない!」とお父さんに説教されそうですが、映画もその名に恥じぬバイオレスぶり。
監督はジョエル・コーエン/イーサン・コーエン兄弟。

物語の始まりは1980年代のアメリカテキサス州。麻薬取引の現場に残された大金を巡るショッキングな殺戮ショーが繰り広げられるのですが、その渦中にいる出演陣がまた凄い顔ぶれ。

不気味な殺し屋アントン・シガーを演じるのは生まれながらの悪役顔ハビエル・バルデム。大金を持ち去るベトナム帰還兵ルウェリン・モスは厳ついジョシュ・ブローリンで、さらに老保安官エド・トム・エルを演じるのが名優トミー・リー・ジョーンズとくるのだから映画好きにはたまりません。

映画の指定年齢もR–15に区分されるので、視聴する際は近くにお子様や残虐な表現の苦手な乙女がいないか確認するのをオススメします。

ノーカントリーのあらすじと解説~以下ネタバレ

ノーカントリーは殺し屋シガー、逃走者モス、そして保安官エドの三人の視点で物語が進みます。それぞれ生い立ちも立場も違う三人ですが、モスが麻薬取引現場から大金を持ち去ったことによって奇妙な運命を辿ることになりました。

シガーは依頼を受けモスの殺害と大金の回収を命じられ、一方のモスも黙って殺されるわけもなく、妻と行動を別にし独り逃走を試みます。エドはそんな二人を追い、事件の収束に奔走するのです。

この映画は基本的に構成や進行を分かりづらくしています。まるでテレビをザッピングしているように人物の視点が変わるので、初めて見た時は「つまり、どういうこと?」という風になりがちです。

しかし、それも映画の面白さに拍車をかけるシークエンスとなっていて特にアントン・シガーの不気味さを引き立てています。

強烈なキャラクターの存在は映画の見所ですが、特にシガーは印象深い人物に仕上がっています。誰彼構わず殺人を繰り返し、ついには依頼人まで殺害してしまうエキセントリックな人格破綻者を演じたハビエル・バルデムは見事この映画で助演男優賞を獲得しました。

スポンサードリンク

またシガーに追われるモスも、ベトナム帰還兵というだけあって相当なタフガイです。逃走中にホテルへ逃げ込んだモスはシガーに対抗すべく待ち伏せし、この恐ろしい殺人鬼に深手を追わせました。自身も重傷になりましたが辛くもメキシコへ逃亡したのです。

こうなると立ち位置が不思議なのは保安官のエドです。彼は二人と付かず離れずの距離で捜査を進めており、物語の芯に入り込んできません。そして、ついに最後まで出会うことなく物語は終わるのです。

ノーカントリーは登場人物のほとんどが死亡、もしくは生死不明となります。シガーの手を逃れたモスはギャングの襲撃に遭い命を落としました。モスの妻もシガーの理不尽な感情で殺害され、当のシガーも最後は車に跳ねられ後にどうなったか語られません。

エドが亡くなった父の夢を見て、その内容を妻に話したところで物語は終わります。その夢の意味は未だにはっきりしていません。各サイトでも議論されているのですが、公式の回答は得られていないのです。

ノーカントリーの感想

本当に不気味な映画です。アントン・シガーの狂気じみた振る舞いは見る人を圧倒します。しかし、同時に引き込まれるのも事実です。またシガーにばかり目が行きがちですが、やはり深いテーマを持った映画には間違い無いと思います。

シガーは凶悪化する犯罪の権化です。到底理解が及ばぬ殺人鬼ですが、彼もまた抗いようのない運命に翻弄される一人の人間だということが劇中で証明されます。人の一生なんて、本当に理不尽なものです。生きたい人が生きられず、死にたい人が生かされる。そんなドラマが現実にもあちこち起きています。やるせない人生の縮図をノーカントリーには突きつけられた気がします。

ただノーカントリーは一人一人解釈の変わる不思議な映画です。二回、三回と見直すごとに新たな顔が見えてきます。そして何度も見直してしまうということは、それだけ魅力的な作品という証拠ですね。

 


こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク


ヴィスコ

この記事を書いたユーザー

ヴィスコ

沖縄の修学旅行で地元民から「おかえり」と言われたほど那覇顔している山梨のフリーライターです。映画観て、アクアリウム見て、サバゲーの通販サイトを見ると1日が終わるので誰か時間を分けてください。



この記事をシェアする


口コミ

まだ口コミがありません

コメントを残す


関連記事

ookamikodomo

「おおかみこどもの雨と雪」あらすじと感想、原作との違いは?

「おおかみこどもの雨と雪」概要「時をかける少女」「サマーウォーズ」「バケモノの子」を手掛ける細田守監督の3作目の映画として大変話題となりまし...

2016年6月30日 33noa

naomitokanako

ナオミとカナコの結末最終回!ネタバレと感想

最後の10分で一気に心拍数上がって逆に止まるんじゃないかって思ってたら結末が…#ナオミとカナコ#最終回#最後のオチにはやられた—...

2016年3月17日 the f

Budori_Poster_0423_fix_ol

グスコーブドリの伝記のあらすじ解説と感想~宮沢賢治原作のアニメ

 アニメ映画『グスコーブドリの伝記』とは杉井ギザブロー監督により2012年に配給された映画で、1932年4月に刊行された雑誌「児童文学」第2...

2016年8月7日 akiiiiiiiii

娚の一生

娚の一生(おとこの一生)の感想とロケ地紹介、ネタバレあり

『娚の一生』とはどんな映画原作は累計150万部突破している西炯子作の同名コミックです。東京の大手電機メーカーに努めていた30代半ば、独身のつ...

2016年5月6日 glico71

アニメ 時をかける少女での名言とは?あらすじと感想

アニメ 時をかける少女での名言とは?あらすじと感想

アニメ 時をかける少女の概要原作は筒井康隆の小説で、原作から約20年後の世界が舞台。実写化もされている人気作品を、数々のヒット作を生み出すア...

2016年5月6日 33noa

クリード チャンプを継ぐ男のネタバレと評価、続編は出る?

クリード チャンプを継ぐ男のネタバレと評価、続編は出る?

『ロッキー』シリーズの最新作・クリード現在レンタルDVDがツタヤなどの店頭に並んでいる『クリード チャンプを継ぐ男』。タイトルが異なっている...

2016年6月27日 高森 洸

damkeeper

ダムキーパーのあらすじ&ネタバレ~ストーリーと解説

ダムキーパーの解説や監督について「ダムキーパー」は2015年の短編アニメ部門でアカデミー賞にノミネートされてた作品でその他にも世界中の国際映...

2016年3月16日 mihiro8

ズートピアの声優、主題歌を紹介。深いと言われるストーリーの感想

ズートピアの声優、主題歌を紹介。深いと言われるストーリーの感想

ズートピア~どんな映画?ストーリーの概要2016年のディズニー・スタジオ製作による3DCGアニメーション映画で、『塔の上のラプンツェル』のバ...

2016年6月5日 okino

蜜のあわれ

蜜のあわれの原作紹介とネタバレ、あらすじと私の感想

蜜のあわれ原作者 室生犀星金沢三文豪の一人である室生犀星は大正期に詩を、昭和には「幼年時代」をはじめとする小説で有名になります。随筆、童話、...

2016年4月25日 ゆうか。

映画 渇き。

映画『渇き。』のあらすじ、ネタバレ感想文、小松菜奈が高評価

映画『渇き。』とは原作は2005年刊行された深町秋生著の推理小説『果てしなき渇き』(宝島文庫)で、第3回「このミステリーがすごい!」大賞の大...

2016年8月11日 glico71

もっと見る