映画感想文のネタバレ民

蜜のあわれの原作紹介とネタバレ、あらすじと私の感想

蜜のあわれ原作者 室生犀星金沢三文豪の一人である室生犀星は大正期に詩を、昭和には「幼年時代」をはじめとする小説で有名になります。随筆、童話、俳句など多岐にわたり...

2016年4月25日

この記事をシェアする

こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク

蜜のあわれの原作紹介とネタバレ、あらすじと私の感想

蜜のあわれ原作者 室生犀星

金沢三文豪の一人である室生犀星は大正期に詩を、昭和には「幼年時代」をはじめとする小説で有名になります。随筆、童話、俳句など多岐にわたり作品残した近代文学史作家の一人です。「蜜のあわれ」は彼の晩年の作品で、作中の「おじさま」は室生自身を投影しているとされています。

蜜のあわれ キャスト

赤井赤子役には二階堂ふみ映画「ヒミズ」「悪の教典」「この国の空」、TVドラマ「問題のあるレストラン」など映画を中心としつつ数多くの作品に出演し、各作品での演技力は人を圧巻させる。原作のファンで、かねてから当作品の実写化を希望していたという。老作家である、おじさま役を演じるは大杉漣。北野武監督の「HANA-BI」をはじめ、数々の賞を受賞している。おじさまの過去の女性には真木よう子。そしておじさまの夢に出る芥川龍之介役には高良健吾。赤子を知る金魚屋役は永瀬正敏、といった映画やドラマでそれぞれに注目を浴びるほどの役者がそろっている。

蜜のあわれのあらすじ・ネタバレ

以下ネタバレ

赤井赤子、彼女は変幻自在に人間の姿になる金魚の少女(二階堂ふみ)。自分のことを「あたい」と呼び、老作家の「おじさま」(大杉漣)に懐いています。赤い洋服、赤い靴、赤い帽子に赤い水筒。すべて赤に身を包んだ彼女は、中身も情熱的。夜は体をぴったりとくっつけて眠り、かなりきわどいエロティックな会話をします。

スポンサードリンク

作家であるおじさまの講演会に訪れた赤子は、そこで白い着物の女性「おばさま」(真木よう子)と出会います。しかし彼女はすでに死んでしまった幽霊で、かつておじさまと関係のあった人でした。彼女と出会い、嫉妬した赤子は、自分を愛人にしてほしいとおじさまに頼みます。愛人を楽しむ彼女はおじさまと日々を送ります。

しかしある日、おばさまからおじさまは映画を観に行っているはずの日、ある女のところを訪れているのだと聞かされる。赤子は自分の本当の姿を知る金魚屋(永瀬正敏)に協力してもらい、金魚になって女の家に入り込みます。そこでは愛し合うおじさまと女を見、自分とは違うことに赤子は気づきます。

おじさまは時々、かねてから交流のあった芥川龍之介(高良健吾)の夢を見ます。そして文学者とは、作家とは、と考えるのです。

おじさまの子を身籠りたい赤子は、金魚屋のところへ行って、他の金魚と身籠り、その子をおじさまの子として育てると言い出します。断固反対のおじさまを押し切り、赤子は妊娠します。大きくなったお腹でおじさまと供に暮らすも、おじさまと大喧嘩の後、赤子は荷物をまとめて出ていきます。

しばらくの後、おじさまのところに金魚屋が訪れます。新聞紙には一匹の真っ赤な金魚。橋の近くの道にいたと言います。金魚屋曰く、猫にでも追い回されたのだろうと。人間は気づかなくても、猫は赤子が金魚だと気づいてしまうのです。そしておじさまは彼女の死に涙します。

暖かな太陽の陽が射す日、出かけようとしたおじさまは縁側で仰向けに倒れたまま、息を引き取りました。

蜜のあわれの感想

夏目漱石の「こころ」や太宰治の「人間失格」などの文学作品を読んだ後のような心地を鑑賞後覚えました。世界観だけではなく、対話のテンポが独特なのでしょう。
大杉漣さん演じるおじさまからは、素直な、でもやっぱり複雑な。女性からは生まれない男性らしさと形容したらいいようなところが見受けられました。
二階堂ふみさんの声色はやはり、強弱だけでは表現されないからこそ、彼女のすごさを実感しました。ふみさんのかわいさだけでは終わらないけれど、それでも赤子の金魚ダンスはかわいかったです。かわいさと優美、艶美さを自在に扱い、雰囲気までもそうさせる女優さんです。

評価

こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク


この記事を書いたユーザー

ゆうか。



この記事をシェアする


口コミ

ほどよい

5

コメントを残す


関連記事

映画進撃の巨人は続編が出る?キャストやあらすじ紹介

映画進撃の巨人は続編が出る?キャストやあらすじ紹介

進撃の巨人~どんな映画?ストーリー概要諫山創による少年漫画。2009年10月号より別冊少年マガジンから連載されています。 特撮監督として知ら...

2016年4月28日 あきしげ

映画アオハライドのロケ地はどこ?キャストやあらすじネタバレ

映画アオハライドのロケ地はどこ?キャストやあらすじネタバレ

アオハライドの概要別冊マーガレットの人気漫画を実写化した作品。原作は咲坂伊緒です。アオハライドとは、アオハル(青春)+ライド(RIDE)=青...

2016年5月3日 33noa

清洲会議

映画清洲会議のキャスト紹介と感想、清洲会議とは何なのか?

『清洲会議』とは2013年公開された三谷幸喜監督・脚本作『清洲会議』は、天正10(1582)年、織田信長死後、残された家臣たちの間で執り行わ...

2016年8月4日 glico71

図書館戦争THE LAST MISSION

図書館戦争 THE last MISSIONの感想文、ネタバレあり、続編はありそう?

『図書館戦争』とは『図書館戦争』とは、累計発行部数600万部突破する有川浩原作のSF小説で『図書館戦争』『図書館内乱』『図書館危機』『図書館...

2016年8月15日 glico71

ALWAYS 三丁目の夕日のキャスト、子役が活躍?

ALWAYS 三丁目の夕日のキャスト、子役が活躍?

ALWAYS 三丁目の夕日~どんな映画?ストーリー概要 西岸良平の漫画『三丁目の夕日』を原作に山崎貴監督が実写映画化。 舞台は昭和30年代の...

2016年5月25日 あきしげ

嫌われ松子の一生のあらすじと感想、ネタバレもあります。

嫌われ松子の一生のあらすじと感想、ネタバレもあります。

嫌われ松子の一生ってどんな映画?ストーリーの概要 山田宗樹の同名小説を中島哲也監督が実写映画化。 その後、テレビドラマや舞台にもなりました。...

2016年4月18日 あきしげ

ギャラクシークエストのあらすじとレビュー、トニーシャルーブが名演!

ギャラクシークエストのあらすじとレビュー、トニーシャルーブが名演!

ギャラクシー・クエスト~どんな映画?ストーリーの概要 1999年のアメリカ映画で、日本では2000年に公開されました。監督はテレビシリーズ『...

2016年5月18日 okino

海街diaryのロケ地はどこ?あらすじとネタバレ、キャスト解説

海街diaryのロケ地はどこ?あらすじとネタバレ、キャスト解説

『海街diary』とは2006年よりコミック誌『月刊フラワーズ』(小学館)で不定期連載されている吉田秋生作『海街diary』は、「マンガ大賞...

2016年4月28日 glico71

映画アイアムアヒーローの評価、あらすじと感想。続編は出る?

映画アイアムアヒーローの評価、あらすじと感想。続編は出る?

アイアムアヒーロー~どんな映画?ストーリーの概要花沢健吾による同名の漫画作品を原作に、2015年に製作されたパニックホラー映画です。 売れな...

2016年5月17日 okino

映画おくりびとのロケ地、キャストやあらすじの感想

映画おくりびとのロケ地、キャストやあらすじの感想

おくりびと~どんな映画?ストーリー概要 物語のベースとなるのは1996年に青木新門の著作『納棺夫日記』です。 主演を務めた本木雅弘が原作を読...

2016年4月28日 あきしげ

もっと見る