映画感想文のネタバレ民

かもめ食堂のレシピやインテリア、衣装に注目、私の評価レビュー

『かもめ食堂』とはフィンランドの首都・ヘルシンキにある日本食の食堂「かもめ食堂」を舞台に、食堂を営むサチエ(小林聡美)、食堂に集うようになるミドリ(片桐はいり)...

2016年7月29日

この記事をシェアする

こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク

かもめ食堂DVD

『かもめ食堂』とは

フィンランドの首都・ヘルシンキにある日本食の食堂「かもめ食堂」を舞台に、食堂を営むサチエ(小林聡美)、食堂に集うようになるミドリ(片桐はいり)とマサコ(もたいまさこ)、そして地元フィンランド人の人たちの交流、何気ない日常が描かれているハートフルな映画です。一見おだやかな日常が描かれているように見えるのですが、舞台がヘルシンキ、もうすでにこの時点で「平凡な日常」ではありません。

誰かと誰かが熱烈な恋をするわけでもないし、誰かが誰かを殺害するわけでもない…でもなぜかグイグイと引き込まれてしまいます。都会の喧噪を忘れたい、そんなときにぴったりの作品です。

2006年3月11日から銀座シネスイッチで公開された『かもめ食堂』は異例の5カ月間のロングランヒットとなり、全国各地でも公開。そして海を越え、映画の舞台となったフィンランドでも上映されました。地元テレビ局のニュースや新聞に大きく報じられ、会場には大勢のフィンランド人が押し寄せたそうです。メガホンを取った荻上直子監督も、フィンランドのマスコミから多数の取材を受けるなど、注目度の高さが窺えました。

監督、脚本、製作、出演、みんな女だらけ

原作は人気作家・群ようこが映画のために描き下ろした『かもめ食堂』(幻冬舎文庫刊)です。監督・脚本を務めたのは『バーバー吉野』(2003)、『恋は五・七・五!』(2004)、『めがね』(2006)を手がけた荻上直子。最新作は生田斗真が主人公でトランスジェンダーのリンコを演じることで話題になった『彼らが本気で編むときは、』が2017年2月25日公開予定です。生田斗真の恋人役に桐谷健太、どんなカップルなのか公開が待ち遠しいですね。

主演は『やっぱり猫が好き』シリーズで人気を博した小林聡美、「ムーミン」好きのミドリには『小野寺の弟・小野寺の姉』(2014)など、どんな役でもキョーレツなオーラを放つ片桐はいり。親の介護を終え、フィンランドに旅行に来たが空港で荷物を亡くしてしまい、見つかるまで「かもめ食堂」で手伝いをすることになったマサコには、『やっぱり猫が好き』で小林聡美の姉役を演じたもたいまさこ。日本人出演者はこの3人だけで、あとは全員フィンランド人です。
中でも特筆すべき存在は、アキ・カウリスマキ監督(フィンランド人)の『過去のない男』(2002)の主演・マルック・ペルトラが出演しています。フィンランド好き、カウリスマキ好きにはたまりません。

『かもめ食堂』は実在の食堂!?

フィンランドで撮影された本作は、ヘルシンキに実在する食堂・カハヴィラ スオミ(Kahvila SUOMI)を『かもめ食堂』として撮影しました。2015年現在も営業しており、多くの日本人観光客が訪れています。

ちなみに、小林聡美が出演し映画と同じスタッフで作られた食パンのCMも、カハヴィラ スオミで撮影されています。

スポンサードリンク

北欧ブームの先駆け

近年、北欧のインテリア家具や食器、テキスタイルが人気です。中でも特に日本で人気のmarimekko(マリメッコ)、iittala(イッタラ)、artek(アルテック)、ARABIA(アラビア)などの北欧メーカーが『かもめ食堂』に協賛しています。劇中に登場するカフェの食器や家具など、北欧らしいアイテムが揃っていて、それを見るだけでも北欧気分を満喫できます。

ナチュラル系おしゃれの代名詞に

『かもめ食堂』でサチエ、ミドリ、マサコが着ている衣装がとてもかわいいと評判です。なかでも一番好評だった小林聡美の衣装は、マーガレット・ハウエル、ハリウッド・ランチマーケットなどが起用されています。この映画はナチュラル系おしゃれ女子のバイブルになり、小林聡美はオトナのナチュラル系おしゃれの代名詞となりました。

私も食べたい「かもめ食堂」のメニュー(ちょっとネタバレ)

食堂のメニューはヘルシンキなのになぜか和食。劇中、サチエ、ミドリ、マサコが作る料理がどれもおいしそうなものばかりです。
おにぎり(梅、鮭、おかか)5.5€
鮭の網焼き 8.5€
豚のショウガ焼き 9€
とんかつ 9€
サーモンの刺身 5.5€
肉じゃが 4.5€
なすの揚げ煮 4€
鶏の唐揚げ 5€
鮭の南蛮漬け 6€
といった感じに、完全なる和食。お値段はリーズナブルですが、フィンランド人にも好評なのかわかりません。ただ、劇中ではお客がほとんど入りませんでした。

さすがに日本食だけでは客が入らないため、サチエはある日、シナモンロールを焼きました。その美味しそうなニオイにつられ、少しずつフィンランド人の客足がのびるようになりました。

ここに登場するシナモンロールがとてもおいしそうなのです。創ったのは本作品でフードコーディネーターを務めた飯島奈美。シナモンロールのほか、かもめ食堂のメニューはすべて飯島奈美が手がけたものです。

その飯島奈美が本を出しています。『シネマ食堂』(朝日新聞出版)には、『かもめ食堂』に登場したシナモンロールのレシピも掲載されています。

評価・感想・ネタバレあり

映画『かもめ食堂』は、まさに癒しの映画です。日常生活でちょっとツラくなった時、本当はどこか遠くへ逃避したくてもそれができない…そういう人にぜひオススメしたい作品です。

サチエ、ミドリ、マサコ、それぞれの事情を背負って日本から遠く離れたフィンランドで生活する、そんな明るく前向きな女性たちに元気づけられます。

劇的な結末が用意されているわけではありませんが、見終わった後の余韻がとても心地良い映画です。

こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク


glico71

この記事を書いたユーザー

glico71

三度のメシより映画、落語、歌舞伎、文楽好きの完全インドア派です。



この記事をシェアする


口コミ

di solito il blocco dall'interno avviene solo per le porte posteriori con l'apposita levetta nascosta (chiamata appunto "sicurezza bambini"). Mi hanno chiuso col telecomando dentro la mia Modus e sono tranquillamente uscito tirando la maniglia ^^&9rlS#3u;abbassale i vetri senza maniglia in effetti l'alternativa è romperli..

0

コメントを残す


関連記事

captainamerica

映画キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーのあらすじと感想、ネタバレもあります。

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー~どんな映画?ストーリーの概要2011年のアメリカ映画で、アメリカンコミックのブランド「マ...

2016年3月17日 okino

「キサラギ」の感想〜ネタバレあり。続編はある?

「キサラギ」の感想~ネタバレあり。続編はある?

「キサラギ」の概要2007年に公開された「キサラギ」は、「相棒」「ALWAYS~三丁目の夕日~」「リーガルハイ」など数々の人気作品を生み出し...

2016年6月24日 33noa

先輩と彼女のキャストとあらすじ、感想など

先輩と彼女のキャストとあらすじ、感想など

「先輩と彼女」ストーリーと概要別冊フレンドでもヒット作を生み出している、南波あつこが描くラブストーリー漫画が原作。漫画は2004年〜2005...

2016年4月26日 33noa

映画アントマンのキャストと評価、ラストシーンのネタバレ解説

映画アントマンのキャストと評価、ラストシーンのネタバレ解説

アントマンってどんな映画?マーベル・スタジオ製作の映画『アントマン』は、2015年の9月に公開されました。窃盗(義賊)を行って逮捕され、服役...

2016年3月31日 高森 洸

蜜のあわれ

蜜のあわれの原作紹介とネタバレ、あらすじと私の感想

蜜のあわれ原作者 室生犀星金沢三文豪の一人である室生犀星は大正期に詩を、昭和には「幼年時代」をはじめとする小説で有名になります。随筆、童話、...

2016年4月25日 ゆうか。

nocountry

映画ノーカントリーの解説と感想~ネタバレもあります。

ノーカントリーってどんな映画?キャストや監督ノーカントリーは2007年に制作されたスリラー映画で、原作はコーマック・マッカーシーの小説『血と...

2016年3月1日 ヴィスコ

アヒルと鴨のコインロッカーのネタバレ解説!私の感想と評価

アヒルと鴨のコインロッカーのネタバレ解説!私の感想と評価

「アヒルと鴨のコインロッカー」概要映像化不可能と言われた伊坂幸太郎のミステリー小説が原作。「ゴールデンスランバー」「重力ピエロ」など様々なミ...

2016年5月17日 33noa

映画デッドプールのあらすじとキャスト、感想。ネタバレあり。

映画デッドプールのあらすじとキャスト、感想。ネタバレあり。

 デッドプールの概要日本では2016年の6月1日に公開予定となっている『デッドプール』。この記事では公開に先駆けて、既に公開されている海外で...

2016年5月17日 高森 洸

デビルマン映画のあらすじと感想、シレーヌの衣装が不評?

デビルマン映画のあらすじと感想、シレーヌの衣装が不評?

デビルマン~どんな映画?ストーリー概要“原作漫画の完全実写映画化”のキャッチフレーズで制作費10億円を注ぎ込んだ超大作。 『デビルマン』の原...

2016年4月28日 あきしげ

ギャラクシー街道の評価、キャストやあらすじを紹介

ギャラクシー街道の評価、キャストやあらすじを紹介

ギャラクシー街道~どんな映画?ストーリー概要 国民的な脚本家で演出家、そして映画監督である三谷幸喜が放つ7作目の作品。 前作の『清須会議』は...

2016年5月25日 あきしげ

もっと見る