映画感想文のネタバレ民

映画デッドプールのあらすじとキャスト、感想。ネタバレあり。

 デッドプールの概要日本では2016年の6月1日に公開予定となっている『デッドプール』。この記事では公開に先駆けて、既に公開されている海外での評判を紹介します。...

2016年5月17日

この記事をシェアする

こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク

映画デッドプールのあらすじとキャスト、感想。ネタバレあり。 

デッドプールの概要

日本では2016年の6月1日に公開予定となっている『デッドプール』。この記事では公開に先駆けて、既に公開されている海外での評判を紹介します。ネタバレが含まれますので、注意してください。

デッドプールは、マーベル社がアメコミを販売しているヒーローです。スパイダーマンやXメン、アベンジャーズと同じ系列のキャラクターということになります。

映画を製作したのは20世紀フォックスですので、映画の世界観ではXメンやファンタスティック・フォーとのつながりが存在すると考えられます。

しかし、マーベルスタジオ製作のアベンジャーズとは現時点ではつながりが存在しません。ただし、大元は同じマーベルの作品ですので「アベンジャーズ」については宣伝などにおいてデッドプールが触れています。

デッドプールはおしゃべりで軽薄なキャラクターであり、不死身という能力を持っています。そして、彼は画面外の人物(読者、観客)に話しかけることができます。

昔の漫画やアニメなどではこのような演出が見られることがたびたびありましたが、デッドプールはこれ自体を能力として備えています。

デッドプールと共演する人物たちには当然そのような能力を持っていないため、「どこか」に向かって彼が話しかけていることを不審に思うこととなります。

今までアメコミやアニメにおいてデッドプールが登場するとこの能力を発揮していましたが、今回の実写映画版でも彼はスクリーンの前の観客たちに度々話しかけてきます。

そんな変わったヒーローが活躍する作品が、『デッドプール』です。ちなみにデッドプールは、アメコミにおいてはヒーローではなく迷惑な悪役として登場することも度々あります。

デッドプールのキャスト

主演はライアン・レイノルズです。彼がデッドプールを演じるのは今回が初めてではありません。実は、ウルヴァリンが活躍する『ウルヴァリン:XーMEN ZERO』において、彼は一度デッドプールを演じています。

しかし、この作品に登場したデッドプールは口が縫われてしゃべれなくされている敵キャラクターであり、覆面を被っていない状態で、白い肌をさらしていました。

一度デッドプールを演じた後に、今度は原作に近いデッドプールを演じるという点が見所です。

なお、劇中ではライアンが過去に演じたDCコミックスのヒーロー『グリーン・ランタン』についても、この作品が不評だったという前提で触れられています。

スポンサードリンク

海外の感想(ネタバレあり)

Filmarksでは、5点満点で3.9という高めの評価を得ています。

20世紀フォックスのR指定の映画の中でもトップクラスの初週動員数を記録していて、この作品で監督デビューを果たしたティム・ミラーにも賞賛の声が上がっています。

また非常に個性が強いキャラクターであるため、上手く演じられる人物がいるのかと不安視されていたデッドプール。しかし、ライアンはこの役を見事に演じきったため評判となっています。

ふざけたキャラクターであるデッドプールの光と闇をリアルに演じていて、軽口を叩いていることをそのままでなく彼がデッドプールとなってしまった悲劇としても表現していることが高評価につながっています。

『アベンジャーズ』などとは違いグロテスクなシーンが多く、またエロティックな場面が多いことについても評判は上々です。

ヒーロー映画はどんどん増えてきているため、このような変わった描かれ方の作品が登場したことに対して批評家や観客は大歓迎のようです。

そして、ただグロテスクなだけで終わっていないことがこの作品が評価されている理由です。

日本では6月に公開となるデッドプール。映画館で、全く新しいヒーローの活躍をチェックしてみてはいかがでしょうか。


こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク


高森 洸

この記事を書いたユーザー

高森 洸

1993年生まれ、ライター業を行っています。 学生時代は映画批評を専攻していました。映画だけでなく、アニメ、漫画、ゲーム等にも精通しております。



この記事をシェアする


口コミ

まだ口コミがありません

コメントを残す


関連記事

kawanakucha

新しい靴を買わなくちゃのネタバレと感想~中山美穂の衣装に注目!

映画新しい靴を買わなくちゃの監督とキャストについて解説「新しい靴を買わなくちゃ」は中山美穂と向井理主演のパリで繰り広げられる大人な恋愛映画。...

2016年3月15日 mihiro8

のぼうの城 DVD

のぼうの城は実話?キャスト、NHK真田丸との関連性

『のぼうの城』とは原作は2007年刊行、和田竜著の同名小説『のぼうの城』(小学館)、表紙のイラストが人気マンガ家のオノ・ナツメが手がけ話題に...

2016年6月30日 glico71

冷たい熱帯魚は神楽坂恵の演技が秀逸!ネタバレと感想

冷たい熱帯魚は神楽坂恵の演技が秀逸!ネタバレと感想

 冷たい熱帯魚~どんな映画?ストーリーの概要 1993年に起きた埼玉愛犬家連続殺人事件がベース。 園子温が監督と脚本を務め、実際の事件をベー...

2016年4月19日 あきしげ

映画信長協奏曲のキャスト、あらすじ、ネタバレについて解説!

映画信長協奏曲のキャスト、あらすじ、ネタバレについて解説!

映画信長協奏曲のキャスト、どんな映画?誰もが知っている戦国時代のカリスマ織田信長は、現代を生きる高校生がタイムスリップした少年だった? 歴史...

2016年3月3日 mihiro8

マジックマイクのキャストとあらすじ、僕の評価

マジックマイクのキャストとあらすじ、僕の評価

マジックマイクの概要・あらすじ(ネタバレあり)日本では2013年に公開されたマジックマイク。この作品は、俳優チャニング・テイタムが実際に青年...

2016年5月23日 高森 洸

apes

猿の惑星創世記のキャストやラストのネタバレ紹介!

猿の惑星:創世記のキャストウィル・ロッドマン/ジェームズ・ブランコ作家、映画監督としての活躍も目覚ましいジェームズ・ブランコが本作の主人公。...

2016年4月7日 ヴィスコ

日本のいちばん長い日のキャスト、感想とあらすじ。ネタバレあり!

日本のいちばん長い日のキャスト、感想とあらすじ。ネタバレあり!

日本のいちばん長い日とは?2015年8月8日に公開された映画『日本のいちばん長い日』。この作品は半藤一利原作によるノンフィクション作品『日本...

2016年4月6日 高森 洸

sexwarauna

人のセックスを笑うなのあらすじや感想、評価は高い?

人のセックスを笑うなは高評価?~キャストなど紹介山崎ナオコーラの小説を2008年に映画化したこちらの作品。「犬猫」や「ニシノユキヒコの恋と冒...

2016年3月4日 mihiro8

バクマン。DVD

映画バクマン。 のキャスト、あらすじ紹介、評価レビュー

『バクマン。』とは原作は2008年から2012年まで『週刊少年ジャンプ』で連載され、単行本累計発行部数1500万部突破した、超人気コミック(...

2016年8月2日 glico71

ゴーンガールは実話が元?あらすじやネタバレ、キャスト紹介

ゴーンガールは実話が元?あらすじやネタバレ、キャスト紹介

ゴーンガールのキャスト、スタッフニコラス “ニック”・ダン/ベン・アフレック軽薄そうなプレイボーイを演じさせたら右に出るものはいないベン・ア...

2016年4月8日 ヴィスコ

もっと見る