映画感想文のネタバレ民

バットマンVSスーパーマンのネタバレと感想評価~キャスト紹介

バットマンVSスーパーマンとは映画『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』は、2016年3月25日に公開されました。題名の通り、この作品にはDCコミッ...

2016年4月8日

この記事をシェアする

こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク

バットマンVSスーパーマンのネタバレと感想評価~キャスト紹介

バットマンVSスーパーマンとは

映画『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』は、2016年3月25日に公開されました。

題名の通り、この作品にはDCコミックスの人気ヒーロー・スーパーマンとバットマンが登場します。

アメコミやアニメでは度々共演していたバットマンとスーパーマンが実写映画では初めて共演するということで、公開前から話題になっていた作品です。

バットマンとスーパーマンの対決が本作の目玉ですが、さらにこれに加えて『スーパーマン』シリーズのお馴染みの悪役レックス・ルーサーも登場します。

クリストファー・リーヴが主演した『スーパーマン』シリーズではスキンヘッドの中年だったレックス・ルーサーは、本作では大富豪の青年となっていることが特徴です。

さらに加えて、なんとワンダーウーマンやフラッシュ、アクアマン、サイボーグといったヒーローたちも登場。これらのキャラクターは来年公開予定の次回作『ジャスティス・リーグ』の伏線となっています。

キャスト紹介

スーパーマン/クラーク・ケント役はヘンリー・カビルが前作『マン・オブ・スティール』から続投しています。彼は次回作『ジャスティス・リーグ』にも出演予定です。

バットマン/クラーク・ケント役は、『デアデビル』以来のヒーロー役となるベン・アフレックです。今までよりも歳が上で、ワイルドで力強いバットマンを好演していました。

バットマンVSスーパーマンのあらすじ(ネタバレあり)

ゴッサム・シティの大富豪ブルース・ウェイン(バットマン)は、スーパーマンとゾッド将軍の戦いによって自分の経営する会社のビルと中にいた社員たちを失います。これをきっかけに彼はスーパーマンの持つ強大すぎる力に恐怖を抱くようになり、彼を倒そうと考え始めます。

スポンサードリンク

ある誤解もあってブルースと同様にスーパーマンを信用出来なくなっている世界各国の人々は、スーパーマンを裁判所に呼び出します。しかしそれはレックス・ルーサーの仕組んだ罠であり、多くの人々を巻き添えに裁判所は爆発を起こします。

死亡したと思われたスーパーマンは生きていましたが、その裏ではルーサーがスーパーマンの地球での母であるマーサを拉致していました。そのことを説明し、ルーサーはスーパーマンにバットマンを倒せと命令します。

やむを得ずバットマンの元へと向かうスーパーマンですが、バットマンはスーパーマンを抹殺するべく彼の弱点である「クリプトナイト」を槍として装備していました。

激しい戦いの末に勝利を勝ち取る寸前で、あるきっかけからバットマンはスーパーマンが人の心を持っていると知り和解します。

彼らが戦っている最中、ルーサーはゾッド将軍と自身のDNAを混ぜることで巨大な怪獣を生み出します。これに立ち向かうスーパーマンとバットマンのもとに、新たな戦士ワンダーウーマンが駆けつけます。

やがて怪獣を倒す3大ヒーローですが、スーパーマンは胸を貫かれて死亡してしまいます。

世間の誤解も解け、正義の為に散ったスーパーマンの国葬が行われる中、バットマンとワンダーウーマンが来るべき戦いの時に備え、新たな戦士たちを集めることを決意して物語は幕を閉じます。

バットマンVSスーパーマンの感想、評価

Yahoo!映画では1505件のレビューが投稿されていて、点数は3.41となっています。

外国では酷評も目立つこの作品ですが、日本でも賛否両論となっています。

その主な原因は、アメコミ等でキャラクターを知らない人にはわかりづらい部分が多いためです。

例えばワンダーウーマンやフラッシュといったキャラクターを知らなければ、やや唐突だったり意味不明に感じられる場面が多々見受けられます。

メインキャラクターであり実質本作の主人公であるバットマンについても、説明は最低限に抑えられているため今までの映画やアニメを見たことがない方には少しキャラクターを理解しづらい部分があります。

そのため、あらかじめ予習してからこの作品を見ることをオススメします。

私の感想としては、総合的には面白かったのですが、それまで非常にシリアスだった作品の雰囲気が巨大な怪獣の出現によってガラッと「特撮ヒーロー」のノリに変わってしまうところに少し違和感を感じました。


こちらの記事もオススメ!

u-nextとフールーを比較!無料期間や解約方法、ラインナップをチェック!

映画やドラマ好きの皆さんお待たせしました。u-nextとフールー両方に加入している僕が両社を徹底比較するコーナー。題してu-next VS ...

2016年3月18日 the f

スポンサードリンク


高森 洸

この記事を書いたユーザー

高森 洸

1993年生まれ、ライター業を行っています。 学生時代は映画批評を専攻していました。映画だけでなく、アニメ、漫画、ゲーム等にも精通しております。



この記事をシェアする


口コミ

まだ口コミがありません

コメントを残す


関連記事

nekozamurai

映画猫侍のキャストやあらすじ~レビューします!

猫侍のキャスト班目久太郎/北村一輝個性派俳優で知られる北村一輝さんが猫に悶える侍を演じます。常にしかめっ面なのに、目の動きだけで感情を表現す...

2016年3月17日 ヴィスコ

映画オデッセイのキャストや感想と口コミ、あらすじやネタバレも紹介!

映画オデッセイのキャストや感想と口コミ、あらすじやネタバレも紹介!

オデッセイ~どんな映画?ストーリーの概要アンディ・ウィアーの小説『火星の人』を原作に、『エイリアン』『ブレードランナー』『グラディエーター』...

2016年4月19日 okino

映画アントマンのキャストと評価、ラストシーンのネタバレ解説

映画アントマンのキャストと評価、ラストシーンのネタバレ解説

アントマンってどんな映画?マーベル・スタジオ製作の映画『アントマン』は、2015年の9月に公開されました。窃盗(義賊)を行って逮捕され、服役...

2016年3月31日 高森 洸

ゴーンガールは実話が元?あらすじやネタバレ、キャスト紹介

ゴーンガールは実話が元?あらすじやネタバレ、キャスト紹介

ゴーンガールのキャスト、スタッフニコラス “ニック”・ダン/ベン・アフレック軽薄そうなプレイボーイを演じさせたら右に出るものはいないベン・ア...

2016年4月8日 ヴィスコ

「江ノ島プリズム」のネタバレと感想~ロケ地はどこ?

「江ノ島プリズム」のネタバレと感想~ロケ地はどこ?

「江ノ島プリズム」概要江ノ島を舞台に繰り広げられる「江ノ島プリズム」は2013年に湘南エリアを中心に公開されました。当初は3館だけで公開予定...

2016年8月9日 33noa

陽だまりの彼女のロケ地、ネタバレやあらすじ紹介。感想レビュー

陽だまりの彼女のロケ地、ネタバレやあらすじ紹介。感想レビュー

陽だまりの彼女のbキャスト松本潤 アイドルグループ嵐メンバーとして活躍し、「花より男子」シリーズをはじめドラマ・映画・舞台・バラエティなど様...

2016年4月25日 ゆうか。

バケモノの子の声優やネタバレ、評価と感想をまとめました。

バケモノの子の声優やネタバレ、評価と感想をまとめました。

バケモノの子の声優、スタッフ熊徹/CV:役所広司主人公の一人、熊徹を演じるのは大御所俳優の役所広司さん!日本アカデミー賞 主演男優賞に7年連...

2016年4月5日 ヴィスコ

映画ミニオンズのあらすじと感想、評価

映画ミニオンズのあらすじと感想、評価

ミニオンズとは2010年に公開された映画『怪盗グルーの月泥棒』、その続編『怪盗グルーのミニオン危機一髪』に登場した怪盗グルーの部下・ミニオン...

2016年4月14日 高森 洸

娚の一生

娚の一生(おとこの一生)の感想とロケ地紹介、ネタバレあり

『娚の一生』とはどんな映画原作は累計150万部突破している西炯子作の同名コミックです。東京の大手電機メーカーに努めていた30代半ば、独身のつ...

2016年5月6日 glico71

映画アイアムアヒーローの評価、あらすじと感想。続編は出る?

映画アイアムアヒーローの評価、あらすじと感想。続編は出る?

アイアムアヒーロー~どんな映画?ストーリーの概要花沢健吾による同名の漫画作品を原作に、2015年に製作されたパニックホラー映画です。 売れな...

2016年5月17日 okino

もっと見る