不妊治療の薬や費用、助成金を考えるカテゴリー

プロゲステロン数値を増やす方法。注射と服薬、どちらが良い?

カウフマン療法やホルムストローク療法などで重要な役割を担う黄体ホルモン(プロゲステロン)製剤ですが、発売されている医薬品も数多くあります。それぞれにどのような違...

2016年3月4日

この記事をシェアする

こちらの記事もオススメ!

ベジママの口コミと評判、最安値は公式サイト!妊娠初期の葉酸サプリとしてオススメ!

お腹の中の赤ちゃんが健やかに育つために、重要な栄養素として知られているのが、葉酸ですよね。 ベジママは、そんな葉酸をしっかり補給できるママと...

2016年3月3日 miporin

スポンサードリンク

カウフマン療法やホルムストローク療法などで重要な役割を担う黄体ホルモン(プロゲステロン)製剤ですが、発売されている医薬品も数多くあります。それぞれにどのような違いがあり、なぜ違いがあるのでしょうか。見ていきましょう。

黄体ホルモン(プロゲステロン)製剤はバリエーションが多い

プロゲステロンを内服薬として服用しても効果はほとんど得られません。プロゲステロンは腸から吸収されたら、血液に乗って子宮へ移行する前に、肝臓で代謝を受けてしまい、そのまま尿として体内から出て行ってしまうからです。排泄の半減期は5分と非常に早く体から出て行きます。

このため、黄体ホルモン(プロゲステロン)製剤は、肝臓の代謝を避けつつ黄体ホルモン作用を発揮する医薬品でなければなりません。米国では大量に服用することでなんとか効果を出すという力技の製剤もありますが、日本では市販されていません。プロゲステロンではない黄体ホルモン作用を持つ内服薬の医薬品を開発するか、肝臓を通過させずその効果を発揮する注射薬を製薬会社は開発する必要がありました。これを受けて、前者としてはデュファストンやルトラール、ヒスロンなどの製剤があり、後者としてはルテウムやプロゲホルモンなどの製剤があります。さらに、効果の持続を図ったプロゲデポーやオオホルミンルテウムデポーといった製剤も発売されています。

progesterone

このような経緯があって、黄体ホルモン(プロゲステロン)作用を持つ医薬品 はプロゲステロン以外に数多くあり、それぞれに特徴があります。それに加えて投与方法も内服薬、注射薬、膣錠と数多くあり医薬品の選択にはバリエーションがあると言えます。

黄体ホルモン(プロゲステロン)製剤の個性

内服薬の黄体ホルモン(プロゲステロン)にはバリエーションが多いので特徴を書いてみます。どれも無排卵を原因とする不妊症に使用することが出来ます。
・デュファストン

基礎体温上昇作用が無いので、体温が上がったら排卵があったということが分かる。
・ルトラール

黄体ホルモン作用が強いが、卵胞ホルモン作用は無い。卵胞ホルモンがしっかり出ている方と相性が良い。同成分の高用量製剤は前立腺肥大症や前立腺がんに使用される。

・ノアルテン

妊娠維持作用が無い。
・ヒスロン、プロベラ

黄体ホルモン作用が強く、妊娠維持作用も強力。

スポンサードリンク

注射薬については、プロゲステロンそのものであるルテウムとプロゲホルモン、作用を長期化したプロゲデポーとオオホルミンルテウムデポーの2つに分類されます。

効果の持続時間の違い

プロゲスチンの内服薬は体内に留まる時間は極めて短いです。一方、プロゲデポーやオオホルミンルテウムデポーなどの筋肉注射のプロゲスチンは長い間体内に留まることができます。このため、内服薬であれば数日間忘れずに服用を続ける必要があることに対して、注射であれば週に1回で済むので飲み忘れの心配はありません。内服薬の黄体ホルモン(プロゲステロン)製剤を1日飲み忘れたからといって、いきなり出血や生理が来ることはありませんが、忘れないようにしてください。

費用の違い

黄体ホルモン(プロゲステロン)製剤は内服薬であれ注射薬であれ、薬自体の価格は高くはありません。内服薬で薬価の高めのデュファストンは1錠38円で、週に1回の注射薬のプロゲデポーは183円です。診察料、手技料や投薬料などがそれぞれ影響するものの、こちらの方が大分お得とか高すぎるといったことは無いでしょう。治療の選択をことさらに価格で評価するのもどうかと思いますが、製剤が変わったからと言って費用を心配する必要は無いかと思われます。

注射は痛い

親油性製剤の筋肉注射なので結構痛いです。単純なことですが、内服薬の方が好まれるのは当然です。もちろん診察で注射剤の方が良いと医師に言われれば我慢して打って貰うしかないでしょう。

こちらの記事もオススメ!

ベジママの口コミと評判、最安値は公式サイト!妊娠初期の葉酸サプリとしてオススメ!

お腹の中の赤ちゃんが健やかに育つために、重要な栄養素として知られているのが、葉酸ですよね。 ベジママは、そんな葉酸をしっかり補給できるママと...

2016年3月3日 miporin

スポンサードリンク


アオッコ

この記事を書いたユーザー

アオッコ

薬屋さんで働いています



この記事をシェアする


口コミ

まだ口コミがありません

コメントを残す


関連記事

IMG_5946

ゆめやの葉酸サプリ買ってみた!私の口コミと感想

1.葉酸は授乳中にも必要な成分!産後の栄養バランスが気になっていた時に出会った「ゆめやの葉酸」去年の秋に無事に出産を終えてからというものの、...

2016年8月21日 ra0910

lutoral00

ルトラールで妊娠した人も居る、副作用や効果について

ルトラールは黄体ホルモンを含む製剤で、クロルマジノンと呼ばれる物質が薬効成分です。クロルマジノンは2mgの低用量では産婦人科で、25mg以上...

2016年3月1日 アオッコ

妊活に有効!AFC 葉酸サプリ

AFC葉酸サプリを買ってみた私の口コミと評判、妊活に有効!

AFC葉酸サプリを買ってみた理由と背景現在2人目の妊活中です。1人目の妊娠の時から飲んでいるAFC葉酸サプリを飲み続けています。葉酸はいくつ...

2016年4月28日 marori

chusya

排卵誘発剤の注射の副作用、値段はいくらぐらい?

今回は排卵誘発剤についてです。注射剤の排卵誘発剤は卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンのゴナドトロピンとヒト絨毛性ゴナドトロピンがあります。排卵...

2016年3月2日 アオッコ

S__17022986

デュファストンはいつから?副作用や飲み忘れた時のデメリット

不妊治療の領域では、デュファストンはホルムストローク療法やカウフマン療法などの治療法の中で使用されます。これらの治療法は無月経や生理周期の乱...

2016年2月27日 アオッコ

kodakara10日間トライアルセットを購入してみた!栄養素分析!

kodakara10日間トライアルセットを購入してみた!栄養素分析!

 kodakaraというサプリが妊活中の女性の間で話題!妊活をサポートするために、様々なサプリを取り入れている方が多いですね。 特...

2016年9月3日 miporin

pranoval

プラノバールの副作用、生理開始はいつ?

不妊には必ずしも女性に原因があるものではなく、男性側の精子から来る原因もあります。様々な原因による不妊のうち、女性のホルモンバランスによる不...

2016年2月29日 アオッコ

premarinプレマリン

プレマリン錠の副作用と効果、不妊治療で人気の薬?

プレマリンはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンを含む製剤です。不妊に対する使用方法としては、ホルモンバランスの改善による治療と排卵誘発剤によ...

2016年2月28日 アオッコ

clomid

クロミッドの排卵はいつ?タイミングと副作用を解説

クロミッドは内服薬で副作用も他の医薬品と比較して少ないことから、排卵誘発においてまず最初に選択される医薬品です。副作用が少ないと言っても、は...

2016年2月26日 アオッコ

基礎体温を測るのに便利なオムロン婦人用電子体温計をお試し!

基礎体温を測るのに便利なオムロンの婦人用電子体温計をお試し!

オムロン 婦人用電子体温計とは女性向けの基礎体温計。通常の体温計と違うのは、少数第二位まで測ることができるところ。詳細な温度を測ることで、妊...

2016年8月15日 Rosaline

もっと見る