ドッグフードおすすめランキング~安全な無添加が人気!

賛否両論「Dr.PRO」は愛犬の健康にどうなの?

今回の「ドッグフード・クチコ民」は、賛否両論のフード「Dr.PRO」。ニチドウ株式会社が販売する「Dr.PRO」シリーズの原産国はアメリカ。ニチドウと言えばシャ...

2016年6月5日

この記事をシェアする


ドッグフードおすすめランキング365|安全な無添加が人気!

スポンサードリンク

今回の「ドッグフード・クチコ民」は、賛否両論のフード「Dr.PRO」。ニチドウ株式会社が販売する「Dr.PRO」シリーズの原産国はアメリカ。ニチドウと言えばシャンプー・リンス・トリートメントを販売する、どちらかと言えばグルーミング系の商品が有名な会社ですよね。

このフードが興味深いのは「ずっとこのフードで、とても健康しかも被毛の状態も良い」「ミール系の原材料が不安なので愛犬には与えない」等賛否両論があると言う点。日本向けに開発された「ラム&オートミール」の原材料をチェックしながら、色々な視点から「Dr.PRO」の長所と短所を再検討してみました。

ブリーダーから勧められて使い続ける犬友

賛否両論「Dr.PRO」は愛犬の健康にどうなの?

  犬友の中に、ブリーダーから勧められてこのフードだけを与え続けている友達がいます。生まれたときからずっと「Dr.PRO」だけを食べている小型犬ですが、定期健診も良好で、さらには被毛の状態がすこぶる良いとの事。ですが、ネットでの評判が気になり、原材料に関して不安になっているのも事実です。

「Dr.PRO」の製品の中で今回試したのは「ラム&オートミール・ヘルスケア」。このシリーズは日本に暮らす犬の生活環境(主に運動量)を考慮して開発された商品。ブリーダーのファンが多いと言われています。

総合栄養食としてのペットフードが日本で定着して以来、犬・猫はペットフードと水があれば、生きるために必要な栄養素をバランス良く摂取できますよね。ですが昔から「残飯」を食べて長生きしてきた犬・猫はたくさんいます。では総合栄養食にこだわらなくても良いのでしょうか?

現状として、市場には多くのドッグフードが並び、1kg数百円~数千円まで驚きの価格差です。これほど値段差のある人間食は、牛肉など本当に限られたものだけではないでしょうか?

これでは友達のように、「総合栄養食」に対する不安が生まれるのも納得ですよね。

毎日食べ続けるフードだから吟味したい「原材料」

賛否両論「Dr.PRO」は愛犬の健康にどうなの?

この価格差は驚きですが、結論として値段の違いが原材料の違いなのですね。流通経路のコストはそれほど大きく変わらないと考えると、どうしても原材料の違いに目がいってしまいます。

よくミール系のフードを避ける方もありますが、ミールとは細かく粉にしたものと言う意味なので、ミールそのものが健康に悪影響を及ぼすとは考えられません。ドッグフードで問題とされるのは、人間用として食せない部分をミールして、チキンミールと記載されている場合です。つまり副産物をミールする場合もあり得るという事なのです。

私達消費者はどのようにフードを見分ければ良いのでしょうか?

原材料
ラムミール・玄米・ブリューワーズライス・オートミール・えんどう豆タンパク・動物性油脂・ジャガイモ・トマト繊維・サーモンミール・亜麻仁・キャノーラオイル・パパイヤ抽出物・クランベリー・ユッカ抽出物・ビタミン類・酸化防止剤(ローズマリー抽出物)他

賛否両論「Dr.PRO」は愛犬の健康にどうなの?

ミール系の原材料が多いですが、玄米・ブリューワーズライス・オートミール等はアレルギーが出にくい原材料です。特にブリューワーズライスは殆どグルテンを含まず、消化吸収に優れた穀物です。

私が普段フードを選ぶ時注意する点が三つあります。
まず「副産物は使用していません。」との記載がある事。次にフードが「ベタベタしない事。つまり動物性油脂を含まない」そして「値段」です。

「Dr.PRO」は動物性油脂を含みますがあまりベタベタはしていません。さらには副産物に関しての記載がありません。残念ながらHPにも見当たりませんでした。価格は大袋だと1kg あたり約800円前後。小麦・とうもろこしを第一原材料としているフードだと、さらに安価な商品はありますが、肉類・魚が主原料でこのお値段は安いですよね。

スポンサードリンク

食いつきは最高に良いです

賛否両論「Dr.PRO」は愛犬の健康にどうなの?

これらを総合的に判断すると、値段を抑えるためにミール系の副産物を使用しているのでは?と不安になりますね。今はネットを通じて、専門家でないドッグオーナーも様々な知識を得られます。パッケージに表示することが出来ないのならせめてHPにでも、ミールにする部位等を載せ、消費者を安心させて欲しいと思います。

成分表

粗たんぱく質 24 %以上 粗脂肪 14 %以上
粗繊維 4 %以下 粗灰分 7 %以下
リン 0.9 %以上 カルシウム 1.2 %以上
水分 10 %以下 代謝エネルギー 359kcal/100g

 

 

 


ドッグフードおすすめランキング365|安全な無添加が人気!
スポンサードリンク


Shinkurou

この記事を書いたユーザー

Shinkurou

ゴールデンレトリバー男の子・小太郎、女の子・瑠奈と楽しく暮らしています。(時々辛いこともありますが・・)。旅が趣味で、小太郎も日本中に足あとをつけるべく同行。大型犬なので車中泊が多いのですが、2人でバタバタのんびり旅をエンジョイ。






この記事をシェアする


口コミ

まだ口コミがありません

コメントを残す


関連記事

3種類の味をローテーション

アメリカから来たドッグフード「RIGALO」で愛犬の食事タイムが楽しみに!

3種類をローテンションする「RIGALO」で愛犬に食事の楽しみを与えてみませんか? アメリカ生まれの「RIGALO」は、3種類の味のフ...

2016年3月25日 Shinkurou

KIMG0001

「馬肉ドッグフード、うまの肉ごはん」低カロリー・高タンパクが話題の肉食をドライフードで!

狼のネオテニーだから「肉ごはん」! 犬はオオカミのネオテニーと言う学説が話題になりましたが、今回ご紹介するフードは狼を先祖に持つ犬のた...

2016年2月15日 Shinkurou

知名度バツグン!ユニ・チャーム「愛犬元気」って本当のとこrどうなの?

知名度バツグン! ユニ・チャーム「愛犬元気」って本当のところどうなの?

伊丹・三重・埼玉と三ヶ所の工場を持ち、品質マネジメントシステム国際規格を取得する等、 徹底した品質管理を誇る「ユニ・チャームペットケア株式...

2016年4月13日 Shinkurou

新鮮さにこだわった「now fresh」はしっぽを持った美食家に?

新鮮さにこだわった「now fresh」はしっぽを持った美食家に?

多くのドッグオーナーから愛され、食いつきも良いと評判の「now fresh」。徹底した「新鮮さへのこだわり」が好評で、しっぽを持った美食家を...

2016年5月12日 Shinkurou

オーガニックドッグフード「プレイアーデン」

グルテンフリー・オーガニックドッグフード「プレイアーデン」

ドイツ生まれ「プレイアーデン」はグルテンフリーが人気の秘密穀物アレルギーで悩む犬が増え、小麦・大麦・トウモロコシ等を含まないグレインフリー(...

2016年4月20日 Shinkurou

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アボダームはシニアにも人気の豊富な栄養素のドッグフード!

サラダ・サンドイッチ等日本でもすっかり定番になった「アボカド」は、森のバターと呼ばれるほど豊富な脂肪を含む果物。しかもその脂肪分は、コレ...

2016年2月27日 Shinkurou

KIMG0015

10歳を超えたシニア犬には「ナチュラルハーベスト・ハイシニア用療法食」評価と口コミ、犬種指定は無いです。

ライフステージによって切り替えていきたい総合栄養食。パピー・成犬・シニアと分類されていますが、犬の場合は何歳になればシニア食が良いのでしょう...

2016年2月4日 Shinkurou

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北の国・イギリスからやって来た「FISH 4 DODS」はオメガ3脂肪酸がたっぷり!

サーモンから良質のタンパク質を! 島国に暮らす日本人は遠い昔から、魚からタンパク質を摂取していました。我が家の食卓に頻繁に登場する魚をパー...

2016年3月17日 Shinkurou

サイエンス・ダイエット「角切り肉と野菜のシチュー」は、お肉がたっぷり

サイエンス・ダイエット「角切り肉と野菜のシチュー」は、お肉がたっぷり

ドライフード?ウェットフード?愛犬の健康のためにはどちらが良いのか悩まれるドッグオーナーも多いと思います。今回ご紹介する総合栄養食「サイエン...

2016年5月6日 Shinkurou

ユニ・チャーム「ゲインズ・パックン」食い付きの良さの秘密は?

ユニ・チャーム「ゲインズ・パックン」食い付きの良さの秘密は?

ユニ・チャーム「愛犬元気」「ゲインズ・パックン」と言えば、手軽にホームセンター等で購入でき、知名度バツグンの商品ですね。特に「ゲインズ・パッ...

2016年4月17日 Shinkurou